レンタル遊華さんの毎日

室蘭市、登別市近郊で自分レンタルをやっています。

みんなで!カービィハンターズZ

このエントリーをはてなブックマークに追加


おはこんばんちは。

中学生のときの将来の夢はゲームのデバッカーでした。
今の子供たちは自分でゲームを作るのもやろうと思えばできる環境で羨ましい限りです。

さて今日はやってみてものすごく面白かったゲームの紹介なんかを。
他にもネタはあったのですが、なるべくこっちを早めにあげたほうがいいかなと思いまして。

先週ニンテンドー3DSでダウンロードが開始されたばかりの『みんなで!カービィハンターズZ』です。

子供に薦められてやってみたのですが、これがまた面白い。
操作方法はカービィシリーズを一度でもプレイしたことがあるかたなら恐らくいつもと同じなので困ることはないかと思います。
やったことのないかたでも、最悪ボタン連打でなんとかなるレベル…たぶんw
ソロプレイでも十分楽しめますが、協力プレイだと経験値がたくさんもらえたり、難しいステージもガンガンクリアできたりでもっと楽しめます。
『やる気』という名のスタミナが1ステージごとに減っていくのですが、協力プレイだとスタミナ消費がホストのみなので交代でホストになると課金アイテムなしでもずっと遊べます。良心的だ!
ちなみに、課金アイテム(ジェムリンゴ)もかなりリーズナブルで今時の課金ゲーにありがちなエグさは全くありません。
一人一台3DSが有るお家なら家族団らんで楽しめると思いますよ。
自分が使用するカービィも、ヒーローソード(剣)、へビィハンマー(ハンマー)、ヒールドクター(回復)、マジックビーム(魔法)から選べるので、攻撃はお父さんとお子さん、回復はお母さん、なんて役割分担してもいいかもですね。
基本ダウンロードは無料なのでカービィシリーズがお好きなかた、家族で遊べるゲームをお探しのかた、一度プレイしてみてはいかがでしょうか?




☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村
ゲーム |

胆振の美味しいお店

このエントリーをはてなブックマークに追加



おはこんばんちは。

子供の体調不良のため、ブログの更新が後回しになってしまっていますm(_ _)m
本日も胆振のかた以外は「しらねーよ!」な内容になってしまいますがご了承くださいさい。

先週はなんだかんだでいろいろ外ご飯な機会が多かったので職レポもどきです。
ご馳走してくださった皆様ありがとうございましたヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

まずはこれ!

丸太みたいな食パン!
パン屋さんの食パンて何もつけなくても十分おいしいものが多いですが、これはおいしいのを通りこして、『ジャムとかいらん!邪魔!』ってくらい味の存在感があります。
ほのかに甘くて、でもくどさは全くないのでつい食べすぎてしまいそうになります。
お店はこちら↓
☆フルールブラン様HP☆

お次はこちら↓

とにかく美味しい。
お料理ひとつひとつがとっても手が込んでいて、感動します。
このときいただいたのは日替わり定食ですが、本当になんでもおいしいです。
私の知人もおすすめのお店だそうです。
お店はこちら↓
☆登別 天や様(食べログ)☆

そして私が大大大好きなココ!






きのこのてんぷらが好きすぎて、毎回かならず家で食べる分も買ってしまいます。
お土産のコーナーもなかなかおもしろいものやめずらしいものがたくさん置いてあって、いろいろ欲しくなってしまいます。
お店はこちら↓
☆きのこ王国様HP☆

最後はここ!

お腹がすきすぎて撮る前にうっかり食べてしまった…
最近、登別や室蘭はカレー屋さんがどんどん増えてますが、私はこちらのチキンカレー一筋です。
月に一度は絶対行ってしまいます。カレーってカロリー高いのに…。
書いてたらまたカレー食べたくなってきた…
こちらのお店はチーズナンも癖になる美味しさです。
お店はこちら↓
☆スーリヤ様HP☆

ごちそうさまでした(*´∇`*)
今日は画像が多いのでページが重いと感じたかた、申し訳ありませんでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

食べログ3.5点以上の最強コスパ店を一冊にまとめました
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/4/17時点)




☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村

登別室蘭 |

ステップファミリーの難しさ

このエントリーをはてなブックマークに追加



おはこんばんちは!

毎日晩御飯の献立を考えるだけであまりに料理が不得意すぎて泣きたくなります。
料理キライ!
調理師の資格を持つうちの旦那さんを始め、私の周りにはなぜか料理の腕がプロ級の人が多く、それがさらに私を料理嫌いにさせているのでしょう。
あ、食べるのは大好きなので主に味見長として頑張っていますテヘペロ
最近は旦那さんがなかなかに忙しいので私がやっていますが、子供も『ママのご飯』にはあまり期待していないようなのが悲しい。
でも、人間得意不得意がありますから!
料理はできないけどストーブとか機械関係の修理は得意だよ!
解体とかして直しちゃうお!

さて、そんな我が家ですが、ステップファミリーだったりします。
ステップファミリーとは…
ステップファミリーとはどちらかに子どもがいて再婚して、新たに築かれる家族のこと。(ウィキペディアより)

実子であるわが子の他に、所謂『継子ちゃん』がいます。
継子ちゃんと初めてあったのは継子ちゃんがまだ思春期真っ只中のころでした。

ネットで継子、と検索すると、いかにステップファミリーのお母さんがたが継子との関係で悩んでいるかがわかります。
継子継母、と聞くと、おとぎ話の影響か、継母が継子を虐めているというイメージが浮かぶかたも多いかもしれませんが、そう単純ではなかったりすることも多いです。

私もここに至るまでに沢山の葛藤があったのは事実です。
お互いに自我がある年齢で出会い、私もまだ若かったから思慮の足りないところもあり…
何度も何度も小競合いもあったし泣いた日もありました。
きっと継子ちゃんも同じかそれ以上に苦しんだ部分もあったと思います。

今までお父さんと二人で暮らした家にある日突然、得体の知れない自分の姉といってもいいような年齢の女が住み着きはじめた。

すごく嫌だったろうと、年齢を重ねた今ならとてもわかります。
自分の父親が親ではなく、男の顔をしているのも不快だったと思います。

今の私があの頃に戻れたとしたら同じ行動は取らないと思います。
せめて継子ちゃんが20歳になるまで待つとか、もっと思春期の子供の気持ちを考えたと。
自分もガキだったんですね。
自分の気持ちしか考えられないクソガキだったと思います。

ガキが自分の子供を持って、初めて守らないといけない存在について深く考えたのでしょう。
継子ちゃんと出会ってから良くも悪くも、旦那さんのことよりも継子ちゃんのことを考えてる時間のほうが多かった。

あれから時は経ち、家庭内でいろいろな事件があり、少しずつ、本当にゆっくりとですがお互いに語り合う時間が増え、年齢を重ね、今では一緒に出かけたりラインで会話したりご飯作ってもらったり(継子ちゃんは料理が超絶上手)なんていう関係です。
むしろ旦那さんより良き理解者であるところもあります。

『やっとここまできた』
偽らざる正直な私の気持ちです。

まだまだ全部が全部ぶつかっていけるほどではない。
でも出会ったころはこんな関係にまでなれるとは思ってもみなかったので、本当に『時の流れに身を任せる』ことも人生大切なのかな、と。
任せるだけではなくて、その瞬間瞬間に思う最善の行動をとっていくこともおおいに大切ではありますが。
でも時間が経たないとわかんないことってたくさんありますよねー。


全国の継子ちゃんとの関係で悩んでいるお母さんへ
このブログが目にとまるかどうかはわからないけど…
うちも昔は殺るか殺られるかってぐらい緊迫した関係だった時期もありました。
どっちにもいい顔したい旦那にうんざりした日もありました。
継子の母親のあまりの身勝手さに憤った日もありました。
継子ちゃんが原因で旦那と喧嘩になり、その存在を心底憎んだ日もありました。
何故好きあって一緒になったのに、二人のこと以外で喧嘩しなきゃいけないのかと泣いた日もありました。

お互い別々の環境で別々の人生を過ごしてきた他人とやっていくのは簡単じゃないですよね。
旦那の取り合いみたいになっちゃいますよね。

でも時が過ぎたら変化することってたくさんありますから。

自分もいつまでも若くて元気あるわけじゃないし、継子ちゃんだっていつまでも子供じゃない。

いつか一番の理解者になってくれる日がくるかもしれない。

実子より自分との年齢が近いことも多いと思うので、案外相談したらためになる返答が返ってくるかもですよ?

急いで距離を縮めなくても、時間がそれを促してくれるかもです。
すごくゆっくりかもしれないけど。
継子ちゃんは自分の鏡だとおもうことが私にはあります。
自分が継子ちゃんに思う気持ちがそっくり自分に跳ね返ってるようにみえるときがあるから。

本当の血を分けた兄弟ですらムカつくときもあるし喧嘩するときだってある。
継子ちゃんにだけ聖母のように接しなきゃいけないなんて無理無理。
いいんですよ、喧嘩したって。人間同士だもの。
喧嘩したって時間が思い出に変えてくれる日がきますよ、きっと。

そんなこと今の私にはとても思えない!ってお母さんがいらっしゃったら是非レンタルご利用ください(←ちゃっかり売り込みw)
レンタル概要はトップページに掲載しておりますので一度目を通していただければと思います。
遠距離のかたはメール相談も承っておりますので、トップページのアドレスから一度ご連絡いただければと思います。
そこらの経験してないくせにうわっつらで語る部外者よりはお話しできるんじゃないかと。
部外者は好き勝手言うからねーw

以前のエントリーでも書いたのですがアルコール依存症、ギャンブル依存症、家族の病気、などなど、人が想像できる大体のことは何らかの形で経験しているので同じ目線からご相談を聞けると思うので、もしよかったら検討してみてください。
女性のかたのレンタルご利用は私も同じ女性として本当に勉強になることも多いので嬉しいです。

ではでは今日はこのへんで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新しい家族関係学 [ 長津美代子 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2017/4/15時点)



☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村

喜ばれる名入れおむつケーキ多数【ベルビーべべ】

自分語り |

半世紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
おはこんばんちはです。
ちょっといろいろありましてブログの更新が二日ほどできませんでした。

先日、とある知り合いの方が亡くなられたのですが、そこで考えさせられることが多々ありました。
正直、誰かの死をブログなどに書くべきではないのかもしれません。
だけど、こうして何かの形に残しておかないと存在すらなかったことになってしまう。

その方は、半世紀間引きこもりでした。

四半世紀ではなくて半世紀、約50年です。
50年の間にその方を知っている近所の方も亡くなり、景色はどんどん変わり…
もしかしたら携帯電話やパソコンなんていうものもテレビの中でしか知らなかったかもしれません。
昔ながらのお風呂もないような古い家だったので、恐らくですが、湯を沸かして体を拭いていたのではないかと聞きました。

外に出られなくなってしまった理由は他人から見れば些細なことなのかもしれません。
弟のお嫁さんがとても気の強い人でいろいろあったようです。
その方のご両親も、たった一人の長男にやっと嫁いできてくれたお嫁さんが大切だったのでしょう。
そしてまだまだ現在のように、外に出られない人をサポートする制度もなかったのでしょう。
たくさんの条件が重なって、50年の引きこもりができる環境になってしまったのだと思います。

その間にその方の両親は亡くなり、姉も亡くなりました。
妹の一人が、ずっと一緒に暮らしていたのですが、その方の世話のため、独身を通されていたようです。

今現在、妹さんはとても気落ちされていると思い、お会いできないでいます。

事情を知らない人は、そんなことぐらいで、とか、弱すぎる、とか好き勝手言うのかもしれません。
でも、それって価値観狭いですよね。
人の強さも弱さも結局人それぞれで自分の物差しで計るしかない。
自分の物差しなんて不確かなものをどうして正しいなんて言い切れるのか。

ことの元凶のお嫁さんは今日も元気にご近所の人たちと井戸端会議に勤しんでます。

誰が一番悪いのか。
これを考え始めると、やっぱり先程の自分の価値観でしかみれない不確かな物差しが頭をよぎります。

お嫁さんが悪いのか、自分の子供ではなく他人を大切にした結果、一人の人間の人生をなかったことにしたまま亡くなっていったご両親か、妹の人生を犠牲にして年老いた独身の妹を置いて先に逝ってしまったご本人か。

こんな田舎でもそんなことが、そんな人がいるんです。

もっと変化した街並みを見て見てほしかった、とか便利になったことがたくさんあるとか知ってほしかったとか、親族のだれかが福祉相談など利用できなかったのか、あの狭い家が世界の全てだった50年はどんな気持ちだったのだろうか、とかずっと思考がぐるぐるしています。

上手くまとめられないけど、そんな『社会に忘れられた人』が、普通に生活している人たちが思っているより大勢いることを知ってもらえたら…。


ご冥福をお祈り申し上げます。





※今日はバナー等を張るのは不謹慎かと思いますので、もし応援してくださる方がいらっしゃいましたら、お手数ですが他のエントリーからお願い致します。

自分語り |

オレカバトルVSドラゴンクエストモンスターズバトルスキャナー

このエントリーをはてなブックマークに追加


自分が子供のころと比べて、今は遊ぶものが沢山増えたけど、その分お金もかかるようになりましたね。

どうもこんばんは。

ゲームの話題を書こうと思っていたのですが、最近なかなかがっつりゲームをやる時間もなく…。
ちょっと前までは、ポケモン妖怪ウォッチを3DSでやっていたのですが、今は手軽にできるスマホゲーばっかです。
知り合いに薦められてモンストとマイクラPEやってますが、どっちも面白いですね。

ちなみに私はFCとSFC世代です。
好きなゲームはエリュシオン(魔夜 峰央さんのほうね)とバハムートラグーンです。
高校生のときはセガサターンのヴァンパイアハンターとドリキャスのサクラ大戦ばっかやってました。
クソゲー扱いされますが、PSで好きなのはククロセアトロとレジェンドオブドラグーンです。
アークザラッドも好きです。
と、今更ながらの自己紹介w

正直今のゲームにあんまりついていけてないところがあるのは認めます。
モンハンは全くの管轄外だし。興味はあるのですが。

前置きが長くなってしまいましたが、今日はアーケードのゲームについて。

うちの子供もゲーム好きの親を見て育ったため、当然ゲームの英才教育状態かというくらいゲームが好きです。
親としてはもうちょっと勉強も頑張ってくれると大変ありがたいのですが、まぁ予習復習もやって成績も今のところは問題なさそうなのでよしとしましょう…。
今のところは、ね……。
で、やっぱり子供って情報が早いというか、面白いもののキャッチが早いんですよね。
コロコロコミックとかの影響もおおいにあるのでしょうが。
子供が一番初めにどハマリしたアーケードゲームがオレカバトルでした。
どんなゲームかというと、戦ったモンスターのカードが排出されるのですが、自分のゲームネーム、選んだ技なんかが印刷された世界に一枚のオリジナルカードが出てくるのです。
1モンスターにつき100円だから、何体もゲットしようとするとそれだけお金がかかる。
さらに技に拘ろうとおもったら何回もバトルしなきゃならない。
結果、同じようなカードが何枚もたまっていく。
ただし技が気に入らなかったカードはほぼ二度と使わないのにオリジナルネームが入っているため売ることすらできない…。

親としては「バトル自体は面白いけどえげつないなー」と思ってました。
カードが溜まっていくたびに「飽きたらゴミになっちゃうんだよなぁ…思い出にはなるかもしれないけどたっかい思い出だなー」とも。

案の定、5~6年経った今、ほとんどやってません。
カードの枚数は数えるのも恐ろしいくらい溜まってます。
あれが一枚100円…

やらなくなったきっかけは飽きたから、ではなくて浮気が本気になったからです。

ドラゴンクエストモンスターズバトルスキャナー

↑これに浮気していたらいつのまにかこっちが本命になった模様。

でもこれですね、オレカ以上にエグイんですよ。

戦ったモンスターのカードが排出されるのは同じなんですが、なんとカードにサイズがある。
一番小さいカードは100円で出せるのですが、三種類の大きさ(だったと思う)があって、カードが大きくなるにつれて100円ずつお金を追加しなくてはいけないのです。
やっぱり大きいカードのモンスターのほうがレアだったり強かったりするので当然子供はぶっこむぶっこむ…。
さすがに何回ものプレイは負担が大きいし子供の金銭感覚がちょっとおかしくなると思ったので、最近はあまり連れて行かないようにしています。
大事なおこずかいやお年玉を簡単にカードに変えるのもね。
子供のスマホゲームの課金が問題になっていますが、アーケードもなかなかにアレは問題かなと思います。
親がついてなかったらアレはものすごく危険だと思う。

しばらく連れていかなかったら子供もそのうち興味が薄れるようで(子供って飽きが早い…)今は3DSのドラクエモンスターズジョーカーの最新作やってるようです。
ダイの大冒険とコラボしているみたいで、親世代は懐かしい限りですが、子供には新鮮みたいでDVD借りてきてほしいとせがまれています。
ザボエラとピロロが好きな私は性格がひん曲がってるのかもw

あ、もちろんゴメちゃんも大好きです。

アーケードゲームも楽しいけれど、自分で計画性を持ってお金を使えない子はご用心、です。
昔と違って低学年でも楽しめてしまうゲームがいっぱいですからねー。




☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村



ゲーム |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>