レンタル遊華さんの毎日

室蘭市、登別市近郊で自分レンタルをやっています。

いじめについて

このエントリーをはてなブックマークに追加



おはこんばんちは。
今日の室蘭は一日すっきりしないお天気でしたね。
行きたいところもいろいろあったのですが、それぞれ屋外だったので諦めました。

さてさて、今日は室蘭にある幕西遊郭跡の記事をアップする予定だったのですが、用事があれこれあって編集が終わっていないのと、たまたまかかっていたテレビに物申したいと思い、急遽内容を変更することにしました。

いじめについて。
先程、NHKで『ウワサの保護者会』という番組を観まして、テーマがいじめについてでした。

ついったでもちょっと呟いたのですが、いじめって誰が一番悪いって『いじめっ子の親』なんじゃないかと思うんです。

大体いじめっ子の親って、親自身もクソみたいな性格してますしねw

いじめられるほうに原因がある、って意見もありますよね。
例えばちょっと空気が読めないとか不潔とか。
だからっていじめるとかいじめっこはアメーバ並みの単細胞なんですかね?
親が大事なこと教えてないからそうなるんですよ。

何が大事か?
スルースキルですよ、スルースキル。
無視とは違いますよ。

結局、ちょっと違う異分子を排除してよし、って無意識に教えてるのは親ですよね。
拒否はしないけど全面的に受け入れもしない、これじゃダメなん?
白か黒しかわかんないような猛獣は親がきちんと飼育係の責任を持って檻から出さないでくださいね。

いじめの傍観者ってテーマで、親の意見もテレビで出てましたけど、自分たちも同じだったと。
いじめを庇ったら次に自分がいじめられるし、今より下のグループには属したくなかったって。
今のポジションを守るために顔色を伺ってたって。
アンタそれキョロ充ですやんw
厳密に言えばキョロ充とはちょと違うけども。
んでもって今も参観日で同じことしてますやんw
20年以上思考が成長してないって逆コナンくんですかwww
そりゃ子供もそうなるわ。

傍観者ポジは別に否定はしないです。
それならそれで美化して言うんじゃねぇよ、と言いたいのですよ。
はっきり言えばいいのに。
『別に他人の家の御ガキ様がどうなろうと知ったこっちゃありません、うちの子がよければそれでいいんで』って。
変に自分の過去の話を出して、あの時はそうするしかなかった…みたいに美談にするからおかしくなるんですよ。

私ですか?
私はどっかのエントリーにも書いたかもしれませんがたぶんモンペです。
子供がなんか言われたら何回でも学校に特攻かけますし、子供には「殴られたら殴りかえせ、その後の責任は私が全部取るから後先考えるな。その代わり、自分からいじめたり、ちょっと人とは違うからっていうくだらない理由で誰かをからかうな。そんなスルースキルの低いダサい人間は私はわかりあえないから」と伝えてあります。
少しニュアンスは違ったかもしれないけど。
偉そうなことを言って、これが正しいのか私にも正直わかりません。
でも、いつの時代もいじめはなくならないし先生が全く役に立たないのも事実です。
昨年のうちの子の担任のように活発な子や親がコネのある人間などにはあからさまな特別扱いをするような担任ならなおさらです。
あの担任の話になったら語ることが多すぎてまた脱線するのでやめておきますがw
あの脳筋に当たらなければもっと楽しい一年間だったのにブチギレ

最悪転校しちゃってもアリだと思います。
用事があって年に何度か教育委員会に行く機会があるのですが、結構柔軟に対応してくれるようですよ。
市町村によって基準は多少違いがあるとは思うけれど。
親が何度も足を運んで、くらいつけば大抵のことはなんとかなります。
あ、理不尽なクレームとかはダメですよ?
そこまでできないならそれは子供のことがその程度か、まだ事態はそこまで深刻じゃないかのどちらかだと。

いつまでも親が介入することの賛否はあるかもしれませんが、一番大事なのは『自分がこの年齢でこの立場だったら助けは必要かどうか』じゃないかなぁ、と。
ごくごく当たり前のことですけどね…。

育児に関してはとにかく綺麗事じゃどうにもならないもんです。
泥臭かろうがちょっとアレだろが、まっとうに育てばいいんです。
キョロ充でもなく、いじめっ子でもなく、いじめられっこでもなく。
みんなとも行動できるけど、ひとりでも全然平気。
↑これが理想だけど、なかなか難しいですね。

今回、このテレビを見る前に『骨の髄まで私に尽くせ』という漫画の試し読みをして、ちょっと主婦についても呟いたのですが…
あ、漫画の感想とは一切関係ないので、間違って検索で来ちゃった方はブラウザバックしたほうがいいですw

まず、私も子有り主婦です。
そしてあの漫画の試し読みの部分は、妊婦でどっしりしてきた、不満をすぐに旦那にぶつける妻と、ひょんなことから昔、いじめによって初体験してしまった女性と再会し一線を越えてしまう旦那、というお話でした。

個人的に漫画の続きは非常に気になるので読みたいのですが、それは置いといて。

感想は「こんな可愛げない女房だったらそら浮気するわ」でした。
妊娠中で体調が悪い妻のためにお弁当を買ってきてくれた旦那に「コテコテ弁当は嫌」って。

最近、育メンなるものが定着しつつありますが、専業主婦がそれを要求するのって変じゃない?って同じ立場の私は思うわけです。
働くお母さんは別ですよ。
普段は男尊女卑を声高に言うのに専業主婦やりたいって…。

男性の仕事の重さがわからないのかなぁと。
育児が大変なのはせいぜい小学校にあがるまで。
6~7年くらいです。
でも男性の仕事は定年まで。
何十年もあります。
それを同じ土俵で語るのは何かちがうんじゃないかと思うわけです。
同じだけ稼ぐって大変ですよ、それも何十年も。
家庭を維持するプレッシャー、会社での人間関係、などなど。
私にはとてもできません。
考えただけで生まれたことを後悔するレベルです。
それをやってのける世の旦那様がたには本当に尊敬しかありません。

それなのに帰ってきたらやれ弁当が気に入らないだの子育て手伝えだのってちょっと図々しいです。
漫画と現実を混ぜるなと言われそうですが、実際結構リアルでもある話だと思うので。

旦那さんに媚び諂えというのではなくて、稼ぐ力を持たないことを認めた上で旦那さんと接することが必要なのかなと私は思ってます。実際私は稼ぐ能力はないですし、昔から専業主婦になりたい人間だったので。
きっと今の旦那さんに会っていなかったら今でもフラフラとフリーターやっていたか、働き続ける人生に耐え切れなくて自殺していたかそんなところだと思います。コミュ障だし。

あーまたまとまりつかなくなってきましたね。
下書きなしでやってるんで読みにくい文章で申し訳ありません。

なにやら長くなってきたので一旦〆まする。
後半に続く………?




☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

自分語り |
| ホーム |