レンタル遊華さんの毎日

室蘭市、登別市近郊で自分レンタルをやっています。

オレカバトルVSドラゴンクエストモンスターズバトルスキャナー

このエントリーをはてなブックマークに追加


自分が子供のころと比べて、今は遊ぶものが沢山増えたけど、その分お金もかかるようになりましたね。

どうもこんばんは。

ゲームの話題を書こうと思っていたのですが、最近なかなかがっつりゲームをやる時間もなく…。
ちょっと前までは、ポケモン妖怪ウォッチを3DSでやっていたのですが、今は手軽にできるスマホゲーばっかです。
知り合いに薦められてモンストとマイクラPEやってますが、どっちも面白いですね。

ちなみに私はFCとSFC世代です。
好きなゲームはエリュシオン(魔夜 峰央さんのほうね)とバハムートラグーンです。
高校生のときはセガサターンのヴァンパイアハンターとドリキャスのサクラ大戦ばっかやってました。
クソゲー扱いされますが、PSで好きなのはククロセアトロとレジェンドオブドラグーンです。
アークザラッドも好きです。
と、今更ながらの自己紹介w

正直今のゲームにあんまりついていけてないところがあるのは認めます。
モンハンは全くの管轄外だし。興味はあるのですが。

前置きが長くなってしまいましたが、今日はアーケードのゲームについて。

うちの子供もゲーム好きの親を見て育ったため、当然ゲームの英才教育状態かというくらいゲームが好きです。
親としてはもうちょっと勉強も頑張ってくれると大変ありがたいのですが、まぁ予習復習もやって成績も今のところは問題なさそうなのでよしとしましょう…。
今のところは、ね……。
で、やっぱり子供って情報が早いというか、面白いもののキャッチが早いんですよね。
コロコロコミックとかの影響もおおいにあるのでしょうが。
子供が一番初めにどハマリしたアーケードゲームがオレカバトルでした。
どんなゲームかというと、戦ったモンスターのカードが排出されるのですが、自分のゲームネーム、選んだ技なんかが印刷された世界に一枚のオリジナルカードが出てくるのです。
1モンスターにつき100円だから、何体もゲットしようとするとそれだけお金がかかる。
さらに技に拘ろうとおもったら何回もバトルしなきゃならない。
結果、同じようなカードが何枚もたまっていく。
ただし技が気に入らなかったカードはほぼ二度と使わないのにオリジナルネームが入っているため売ることすらできない…。

親としては「バトル自体は面白いけどえげつないなー」と思ってました。
カードが溜まっていくたびに「飽きたらゴミになっちゃうんだよなぁ…思い出にはなるかもしれないけどたっかい思い出だなー」とも。

案の定、5~6年経った今、ほとんどやってません。
カードの枚数は数えるのも恐ろしいくらい溜まってます。
あれが一枚100円…

やらなくなったきっかけは飽きたから、ではなくて浮気が本気になったからです。

ドラゴンクエストモンスターズバトルスキャナー

↑これに浮気していたらいつのまにかこっちが本命になった模様。

でもこれですね、オレカ以上にエグイんですよ。

戦ったモンスターのカードが排出されるのは同じなんですが、なんとカードにサイズがある。
一番小さいカードは100円で出せるのですが、三種類の大きさ(だったと思う)があって、カードが大きくなるにつれて100円ずつお金を追加しなくてはいけないのです。
やっぱり大きいカードのモンスターのほうがレアだったり強かったりするので当然子供はぶっこむぶっこむ…。
さすがに何回ものプレイは負担が大きいし子供の金銭感覚がちょっとおかしくなると思ったので、最近はあまり連れて行かないようにしています。
大事なおこずかいやお年玉を簡単にカードに変えるのもね。
子供のスマホゲームの課金が問題になっていますが、アーケードもなかなかにアレは問題かなと思います。
親がついてなかったらアレはものすごく危険だと思う。

しばらく連れていかなかったら子供もそのうち興味が薄れるようで(子供って飽きが早い…)今は3DSのドラクエモンスターズジョーカーの最新作やってるようです。
ダイの大冒険とコラボしているみたいで、親世代は懐かしい限りですが、子供には新鮮みたいでDVD借りてきてほしいとせがまれています。
ザボエラとピロロが好きな私は性格がひん曲がってるのかもw

あ、もちろんゴメちゃんも大好きです。

アーケードゲームも楽しいけれど、自分で計画性を持ってお金を使えない子はご用心、です。
昔と違って低学年でも楽しめてしまうゲームがいっぱいですからねー。




☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆
☆ようつべチャンネル☆



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

ゲーム |
| ホーム |