レンタル遊華さんの毎日

室蘭市、登別市近郊で自分レンタルをやっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

野良猫

我が家の使用していない物置に野良猫が住み着いているようです。
今年の冬は特に寒く、無事に冬を越せるのか心配なのですが、自分にしてあげられることがなく、悩んでいます。
安易な餌やりは結果的に次の世代への不幸に繋がりかねないし(望まない妊娠、野良猫としての厳しい生活)、近所のかたへの糞尿等の迷惑なども考えてしまうし…。
保健所はおそらく「処分」というかたちになってしまうであろうし。
どう考えても一番いいのは「我が家に迎えいれる」ということはわかっているのですが、正直うちはそこまで裕福ではないし、病気になったりしたときにすぐに動物病院に連れていってあげられないのならば飼う資格はないのではないかと自問自答してしまいます。
結局、「最後まで責任を取ることができないのであれば、中途半端なことはしてはいけない」、そう思い、見守ることしかできないでいる自分がいます。
ボランティア団体、という選択肢もあるのでしょうが、ボランティアさんのところに行った動物は、譲り受ける際に数万円という金額がかかることもあり、引き取るかたが躊躇してしまうことも多いようです。
同じお金がかかるなら…とペットショップから迎えいれる、と言うかたのお話も聞いたことがあります。
ボランティアの方々もきちんと譲渡できるまでに、と考えたら、病院やらなにやらでお金がかかってしまうのはやむを得ないのは重々承知なのですが。
今できることはとりあえず、発泡スチロールで猫ハウスを作って置いておくことしかできないでいます。
発泡スチロールは冬の外でも冷たくなりにくいようなのでオススメらしいです。
何かもう少し、できることはないか考えてみようと思います。
早く春が来ればいいのに。

☆自分レンタルやってます☆
☆Twitterフォローしてください☆


道南ランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 登別情報へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

自分語り |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。